中華調理の仕事解説

 中国調理業務は、食材を調理するのが基本的な仕事です。しかし、一人前になると調理以外の部分も担当する場合があります。例えば、食材の仕入れ・メニューの開発・衛生管理、場合によっては売上管理やコスト計算など、調理に関する様々な仕事を任されます。調理以外の知識も身に付けておくと、将来的に役立つでしょう。
調理師の免許が無くても調理の仕事に就くことはできますが、ホテルでは通常、調理師の国家資格を持つ人が求められます。調理の技術の他にも、栄養面・衛生面や食中毒についての知識、適切な調理法など調理に関する様々な知識が必要なのです。 また、一人前になるための修行は厳しく、何年もの下積みが必要です。新米調理師は朝に誰よりも早く出勤し、夜は最後まで片付けをします。その経験を積んだ後、少しずつ食材を触らせてもらえるようになります。
 中華料理では、スープの入った思い鍋や中華鍋を扱わなければならないので、特に体力が必要です。


中華調理の求人は↓をご覧ください。

中華調理

  • $jobimg_title
    A1205291
    ANAインターコンチネンタル石垣リゾート 【調理スタッフ】

    アルバイト 調理部門 調理スタッフ

    【仕事内容】

    洋食: 『サンコーストカフェ』
    中華: 『チャイナシャドー』
    和食: 『八重山』

    それぞれのレストラン・宴会での調理業務を担当していただきます。

    【ホテル紹介】

    2009年4月、当ホテルは
    ANAインターコンチネンタル石垣リゾートへ
    生まれ変わりました。

    私たちは、インターコンチネンタルブランドの
    国内初のリゾートホテルとして、
    インターナショナルクラスのリゾートサービスを
    提供し、お客様のかけがえのない休暇を
    忘れ難いものにすることをお約束いたします。



ホテル求人ならホテキャリ